EKUBO no KIOKU について

2012161030_039.jpg

​“えくぼ”


赤ちゃんの頃はあって、
成長とともに消えてしまい、
大人になってもえくぼのある人は少ない。

 

お子さんが生まれてからの何気ない毎日。
みんなで笑い合った記憶を写真に残し、
ずっとずっと ご家族の宝物になりますように。


そんな想いが詰まった、
「EKUBO no KIOKU (えくぼの記憶)」。

Photographer YUKI SAITO

子どもだけでのお留守番が多かった幼少期。
5歳年下の弟と一緒に、
家族のアルバムを見るのが好きだった。
自分では覚えていないくらい幼い頃の
家族の記憶が詰まっていて、
そこから両親の深い愛情を感じていた。

幼い頃からものづくりが好き。

高校・大学は服飾系の学校へ。

大学在学中、初めて一眼レフを手にする。

アルバイトをしていた写真館で

子供写真の魅力に気づく。

卒業後は都内のファミリーフォトスタジオで

3年ほど経験を積む中、
店長としてスタジオの運営に携わる。

2018年

関東を中心にファミリー向け

フリーランスフォトグラファーとして活動を始める。

 

2019年

清瀬市の自宅でスタジオ撮影を始める。

趣味は、愛猫たちと遊ぶこと。

好きなアーティストはCharaさん。

2010241400_008.jpg
2008090000_028_edited.jpg
FH000034.JPG
取材記事 by sunny u

2020年7月26日